公告

[公告] 「港台學術資訊」不是我的微博

Friday, January 1, 2016

シルクロードの来世観 Ancient Afterlife Beliefs along the Silk Road

Editor:
白須淨眞

Publisher:
勉誠出版

Publication Year:
2015



Abstract:

「生前中は、皆様より格別なご厚情、ご愛顧をいただき…」という遺族の挨拶に、違和感を持つ人はいない。東アジア世界が、「現世」を「生前」と認識してきたのは、過去世、現世、来世の三世のうち、「来世」に対する尋常でない関心の強さが背景にあるからであろう。そのような観念的虚構世界は、独自の固有性を保ちながらも、多くの共通点とともに、世界各域に数多く見出すことができる。広大なユーラシアの大地を媒体とする巨大な交流総体「シルクロード」が持っている文化交流の蓄積のなかに浮かび上がる、ひとびとの来世観。

Table of Contents:

[総論]
シルクロードの来世観 白須淨眞

[Ⅰ 来世観への敦煌学からのスケール]
シルクロードの敦煌資料が語る中国の来世観 荒見泰史

[Ⅱ 昇天という来世観]
シルクロード古墓壁画の大シンフォニー―四世紀後半期、トゥルファン地域の「来迎・昇天」壁画 白須淨眞

シルクロードの古墓の副葬品に見える「天に昇るための糸」―五~六世紀のトゥルファン古墓の副葬品リストにみえる「攀天糸万万九千丈」 門司尚之

シルクロードの古墓から出土した不思議な木函―四世紀後半期、トゥルファン地域の「昇天アイテム」とその容れ物 白須淨眞

[Ⅲ 現世の延長という来世観]
シルクロード・河西の古墓から出土した木板が語るあの世での結婚―魏晋期、甘粛省高台県古墓出土の「冥婚鎮墓文」 許飛

[Ⅳ 来世へのステイタス]
シルクロードの古墓から出土した偽物の「玉」―五~六世紀のトゥルファン古墓の副葬品リストに見える「玉豚」の現実 大田黒綾奈

[Ⅴ 死後審判があるという来世観]
十世紀敦煌文献に見る死後世界と死後審判―その特徴と流布の背景について 髙井龍


No comments:

Post a Comment