公告

[公告] 「港台學術資訊」不是我的微博

Friday, September 23, 2016

殷−中国史最古の王朝

Author:
落合淳思 (OCHIAI Atsushi)

Publisher: 
中央公論新社

Publication Date:
January 22, 2015



Abstract:

殷王朝は、今から三〇〇〇年以上も前に中国に実在した王朝である。酒池肉林に耽る紂王の伝説など、多くの逸話が残されているが、これらは『史記』をはじめとする後世の史書の創作である。いまだ謎多き殷王朝の実像を知るには、同時代資料である甲骨文字を読み解かねばならない。本書は、膨大な数にのぼる甲骨文字から、殷王朝の軍事や祭祀、王の系譜、支配体制と統治の手法などを再現し、解明したものである。

Table of Contents:

序章 甲骨文字に記された殷王朝の社会
第1章 殷王朝の前期・中期
第2章 殷王朝の支配体制
第3章 神々への祭祀儀礼
第4章 戦争と神秘性による支配―紀元前十三世紀
第5章 政治の転換と安定期の到来―紀元前十二世紀
第6章 動揺、集権化、そして滅亡―紀元前十一世紀
終章 殷王朝の歴史的位置


No comments:

Post a Comment